つねかみ情報

常神美味しいもん情報☆常神美味しいもん情報

常神で日頃食べている食材での料理や
昔から伝わる料理などを随時ご紹介します。



2003


new
へしこ
昔から保存食として作られる鯖のぬか漬け。早いものは漬けて6〜7ヶ月後には食べる事ができる。
new
梅甘露煮
熟した青梅を湯がき2〜3日酸味を抜く。
鍋に梅と砂糖を入れて適当な色がつくまで煮詰める。
ちまき(かや餅) 米、餅の粉をこね、かやにくるんでゆがく。
きなこをつけてどうぞ。(常神では6月の節句に作ります)
カワハギの味噌汁 大きめのカワハギでのお味噌汁。
肝を入れるのが美味しい秘密。
鯛めし(杉本流) 鯛を素焼きしほぐす。鯛の頭と骨でだしをとったもの、ほぐした身と調味料を入れて炊き上げる。
木の芽和え 薄味をつけた筍とイカ、キュウリをよくすりつぶした木の芽とゴマで和える。(春ならではの和え物)
たらの芽 あまりのびていないものをてんぷらで。
常神の若布 3月初め刈り取った若布をお味噌汁、酢の物で。
よく塩抜きをし, 刻んだ若布をできあがったお味噌汁に入れるだけで美味しい一品が。
若布その2・茎茎は薄く切り熱湯をかけ緑になったら水にさらしサラダ、酢の物に。少し厚めに切りきんぴら、佃煮に。
せんば 鯖に塩をしたものを適当な切り身にして煮る。 味を見て塩を適量と化学調味料を少々入れる。

もどる